検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モノ言えば唇寒し?民主党 その中で横粂議員「勇気ある発言」(J-CASTニュース)

2010.01.23
 民主党の小沢一郎幹事長の政治資金問題をめぐり、党内の新人議員が「ダンマリ」を決め込む中、メディアでわずかながら小沢氏に「モノ申す」議員も現れつつある。「テレビ出演した議員が国対幹部に叱責された」という報道もあるが、それでも、党内の「小沢幹事長は事情聴取に応じるべきだ」との声は抑えきれない様子だ。

 小沢幹事長が検察との対決姿勢を鮮明にした2010年1月17日の党大会後、報道陣は議員に対してコメントを求めたが、ほとんどの議員が「ほぼ無言」。当日のニュース番組では、福田衣里子衆院議員や田中美絵子衆院議員といった「1年生議員」が足早に会場を後にする様子が繰り返し紹介された。

■「こういうときに出なければ政治家ではない」

 ところが1年生議員の中にも、この問題に関して口を開いた議員がいる。09年夏の衆院総選挙の神奈川11区で小泉進次郎衆院議員と戦い、比例区で復活当選を果たした横粂勝仁衆院議員だ。横粂議員は10年1月18日朝、TBSの情報番組「朝ズバッ!」に約20分にわたって出演。献金問題に関する自らの見解を述べた。

 冒頭、司会のみのもんたさんが、岸井成格・毎日新聞特別編集委員氏に対して

  「この時期、民主党の若手の横粂さんが(出演)OKっていうのはどうですか?」

と話をふると、岸井氏は

  「いいんじゃないですか?若くて。怖いもの知らずかも知れない」。

 このやり取りに対して、横粂議員は

  「こういうときに出なければ政治家ではないと思っており、やはり批判を受けるのが政治家。それに対してしっかり説明をするのも政治家だと思っている」

と言い切った。小沢幹事長が、検察の事情聴取に応じていないことについては

  「捜査段階だという限界はあるのだと思うが、これから順次捜査が進むにつれて、しっかりと応じていただきたいと思っている」

  「党大会で、(小沢幹事長が)輿石東・職務代行に『これから(自らの仕事を)委任することも増えてくる』とおっしゃっていたので、その分時間が空くと思う。その時間を利用して聴取に応じていただきたいと思う」

と、聴取に応じるように求めた。

■横粂氏の発言を国体幹部が叱責?

 さらに、小沢氏の政治的・道義的責任についても

  「一定程度の責任はあると思っていて、政権交代に込められた期待を実現していくことの責任もあると思っている。そのどちらを優先していくかは政治家としての、党としての決断の時だと思っている」

と述べた。ただし、みのさんの

  「民主党の若手の中からさ、『小沢さん、全部きちっと説明してくれ』というような意見とか出ないかな?」

という質問には、

  「まだ新人議員同士で集まる機会もなかったので、本日(1月18日)より通常国会が始まって、若手の中での意見交換が進むと思う。でも、それより先に幹事長の方が、ご自身で応じていただけるものだと期待している」

と、やや歯切れが悪かった。

 それでも、横粂議員の発言は、小沢幹事長に対して、説明責任を果たし、任意聴取に応じるように明確に求めるという点で、新人議員の中では際だっていた。

 ただし、この発言は、民主党を刺激したようだ。

 1月18日の国会対策全体会議では、山岡賢次国対委員長が、約140人の新人議員を集めて、地元有権者から献金問題について質問された際の「模範解答」を講義。この会議が終わった後、横粂議員の発言について「国対幹部が叱責する場面もあった」(1月19日、日本経済新聞)のだという。

 横粂事務所では、この件について「事務所としては把握していない」と話しているが、叱責したことが事実であれば、民主党が「小沢問題」について、締め付けを強化していると言えそうだ。

 ただ、この「締め付け」、本当に効果があるのかは議論が分かれそうだ。1月19日の産経新聞では、福岡8区で麻生太郎前首相に敗れ、比例区で初当選を果たした山本剛正衆院議員が、

  「幹事長はやましいことがないのなら出るところに出て、検察の事情聴取を正々堂々と受けるべきだ。男なら男らしく、自分でケリをつけるべきだ。それが小沢幹事長らしさでもある」

と主張。今後も、新人議員から同様の声が相次ぐ可能性もありそうだ。


■関連記事
小沢へ「聴取に応じて」 TVで注文つけた民主新人 : 2010/01/18
小泉元首相次男に非難殺到 対立候補のあいさつ「無視した」? : 2009/07/08
「有権者とのふれ合いに一生懸命」小泉進次郎事務所が「釈明」 : 2009/07/27
90円でドーナツとコーヒー! ミスドで1日限定配布 : 2010/01/18
今年こそ「早起き」したい人へ 生活サイクルこう変える : 2010/01/14

「明美ちゃん基金」に寄付金30万円 住田美容専門学校(産経新聞)
<大雪>夜行列車12本運休 JR東日本(毎日新聞)
幼稚園の餅つき大会で154人が食中毒 東京・杉並区(産経新聞)
普天間移設 5月までに解決確信…イノウエ氏、首相と会談(毎日新聞)
「小沢さんの説明不十分」地方代表から不満(読売新聞)
スポンサーサイト

<元長崎市長>本島等さん、野中元議員と反戦対談(毎日新聞)

2010.01.23
 長崎市長だった本島等さん(87)が、市長時代に同市役所前で右翼団体幹部に銃撃された事件から18日で20年を迎えた。この日同市内であった集会で、本島さんと野中広務元衆院議員(84)が反戦をテーマに対談した。本島さんは「反戦を世界に向けて言う前に、自分たちに向けてまず言うべきだ」と語った。

 集会は、長崎市役所従業員組合が主催し市民ら約400人が参加。本島さんは「戦争を起こしたのは日本人で、その結果が原爆。(戦争被害に遭ったすべての国や人に)心からの謝罪をしないと今後の日本の生きる道はない」と述べた。

 野中さんは「本島さんや、次の(伊藤一長)市長も(暴力の)犠牲になった。戦争に手を出すような日本を作らないために、もう一度、(近代の)日本の歴史を尋ねてほしい」と述べた。

【関連ニュース】
被爆者健康手帳:原告側の敗訴確定
20年五輪:長崎市、広島市との共催断念
二重被爆者:山口さん、死の直前キャメロン監督らにバトン
長崎原爆投下:カラー映像を発見 米軍が直後の市街地撮影
山口彊さん死去:二重被爆者93歳 非核・平和訴え

大学入試センターの追試験は972人に(産経新聞)
「人のいる空間守れ」ローコスト耐震化実証 京大防災研(産経新聞)
<NHK>放送センター建て替えを検討 業務拡大で手狭に(毎日新聞)
衆院予算委 首相、議員生命懸ける 「戦う野党」自民不発(毎日新聞)
社長のバラバラ遺体捨てる 容疑の元組幹部ら逮捕 神奈川県警(産経新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。